• HOME
  • スマホアプリ開発

スマホアプリ開発

iPhoneアプリ、Androidアプリ開発承ります。

iOSアイコン

iOS(iPhone,iPad)アプリ開発
スマホアプリ開発室は、iOS環境のiOSアプリ開発およびiPadアプリ開発を行います。

アプリ化するメリット

iOS(iPhone,iPad)アプリは、大企業、金融機関などセキュリティに厳しい企業がiOSアプリを導入している事例が多数あります。
これは個人情報を抜き取るなどのマルウェアおよびそれに近いアプリが少ないことに起因します。
また、iPhone,iPad自体の操作性、デザイン性によるところも大きな要因です。

開発時のデメリット

iOSの開発言語は、Objective-Cです。この開発言語はマイナーな言語で開発者が常に不足しています。
また、開発環境はMacOSとなり、一般的なシステム開発企業ではなくデザイン制作企業が多くもっているMacOS環境となります。
プロフェッサはWebサイト制作部門ももっているのでMacOSも常備しています。
安心できるアプリが多いという裏返しで、iOSアプリ開発はアップルの厳しい審査があります。
その結果、公開までに想定外の時間がかかる場合があります。

Andアイコン

Androidアプリ開発
スマホアプリ開発室は、Googleが提供するAndroidアプリ開発を行います。

アプリ化するメリット

<開発時のメリット>
Androidアプリは、自由度が高いというメリットがあります。公開審査はアップルと比較して緩やかで時間がかからずに公開することができます。
つまり不都合などは、開発者の責任というコンセプトとなっています。

ロゴアイコン

スマホアプリ開発室のコンセプト

生命保険システム開発で得た開発手法をスマホアプリ開発に役立てます。

プロフェッサは設立以来20数年にわたって生命保険システムを開発してきました。
体系化された開発手法、開発体制、成果物理ドキュメントを提供します。

企画から保守まで一貫したサービス

スマホアプリと言っても特殊な言語を駆使するわけでもなく、システム開発としては同じ開発手法をとります。
しかしながらスマートフォンという限られた画面に訴求力のあるデザイン表現、ユーザビリティが必要になります。

プロフェッサの企業理念

「プロとしての自覚をもち、プロとしてのサービスを提供する。」
プロフェッサの「行動指針10ヶ条」を念頭にスマホアプリ開発を遂行します。

タイトル 電話 メール
お見積もり請求(無料)はこちら 問い合わせ 電話バナー メールバナー

ISMSマーク